古典フラと現代フラを習う

フラの種類

古典フラ(フラカヒコ)

kahiko

古典フラとは、伝統的なハワイの踊りです。古代ハワイから脈々と受け継がれてきた自然の神々やハワイ王族を賛美・称賛し、祈りを捧げる神聖な踊りです。

古代ハワイアンは自然信仰で、全ての物には神が宿る(八百万の神)という価値観でその土地や自然、自然現象や、神々の子孫である王族への信仰や祈りの表現としてフラが踊られていました。

また、ホオパア(詠唱者)のオリ(チャント)による歌と、打楽器に合わせて踊るのが特徴です。神々に捧げる古典フラを踊る時には、伝統的な形式があり、その手順にのっとり踊る必要があります。

当ハラウでは、その伝統的な形式を代々のクムフラ(フラマスター)より継承しています。その手順を学び実際に神々にフラを捧げるという活動をレッスンの一環として行っております。

出雲大神宮フラ奉納

kahiko

現代フラ(アウアナ)

auana

現代フラとは、19世紀以降ハワイの観光産業の発展に伴い欧米の音楽や楽器を取り入れ、ショーの踊りとして新たに創作されたフラのことです。

ムームーやドレスを身に纏いウクレレやギターなどの楽器に合わせて娯楽として踊られています。

auana

auana

ホームに戻る

マイレ

コメントは受け付けていません。